ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

お仕事の合間に瞑想はいかが?

 「瞑想」という言葉から、何か修行のようなものをイメージする人も
いらっしゃるかと思いますが、決して、そうではなく、瞑想とは脳に
休息を与えることであると考えると、誰にでも必要だと思いませんか?
 私たちは起きている間に、1日5、6万回くらい思考しているそうです。
これでは脳が休む暇がなく、仕事の効率も落ちると言うもの。
 ビジネスマンの方なら、理想的には1時間に3~5分の短い瞑想を行う
だけで、脳が活性化し、仕事の効率が各段にアップし、いろいろなアイデアや
インスピレーションが湧きやすくなるそうです。
 ここで、スピリチュアル・コンサルタントの磯 一明先生に教えていただいた、
とても手軽な瞑想方法をご紹介します。
 イスでも床でも自分の楽な姿勢を座ります。この時、背中を丸めないで、
背筋を伸ばすことがポイント。
 軽く目を閉じて、全身の力を抜き、口から息を吐きます。10~15秒
くらいかけて、小さな音を立てながら、少しずつ息を全部吐き出します。
そして、鼻から息を吸って、また、口からゆっくりと息を吐き出し、これを
繰り返します。
 この時、何も考えないようにします。とは言っても、初心者はいろいろな
雑念が湧いてきてしまいます。それは気にしないで、ただ手放すように
してください。
 終了する時は、すぐに目を開けないで、手の指を軽く動かしたりして、
身体が覚醒する準備をしてから、ゆっくりと目を開けます。
 
 日々、仕事や家事に追われていると、自分の身体からの不調のメッセージ
にも気づきにくくなります。瞑想を行いことで僅かな身体の変化にも敏感になり、
また、免疫力もアップします。
 瞑想を生活の一部に取り入れることで、心身ともにリフレッシュさせること、
お勧めです。

 

腰痛は人間の宿命なの?

 四本足で歩行する動物で腰痛になったという話は聞いたことが
ありません。恐らくほとんどないでしょう。
 人間の祖先が進化の過程で、四本足から二本足で歩行するよう
になって、自らの体重を支える必要が生じ、背骨や骨盤周辺の
関節の動きが制限を受けるようになりました。
 その関節の制限を超える動きを繰り返すか、逆に関節を動かさ
ない状態を長く続けるかすると、それに関連する筋肉がダメージを
受け、腰痛として痛みが出て来るようになるのです。
 それ故、腰痛は人間の宿命と言われることもあるようです。
 
 ですが、私は腰痛が人間の宿命だとは思いません。何故なら、

自然の原理に適った動きをしていれば、腰痛になることはないから
です。(ストレスや臓器の疾患が原因の
場合は除きます。)
 また、腰痛になったとしても、痛みのなかった時の元の状態に戻す

ことも十分可能だからです。

 四本足の動物が腰痛になりにくいというのは、解決の一つのヒントに

なります。赤ちゃんのように四つん這いになってハイハイの動きをすると、
身体が自然な関節の動きを思い出すので、腰痛の予防策として、
有効です。
 たまには、原始人に戻ったつもりになるのもいいものですよ。(笑)

 

ストレスが原因の腰痛の治し方

 同じような症状の腰痛でお困りの二人の不調者さんに基本的な
リセット療法を行いました。

 Aさん(40代女性)は腰痛の原因と思われる全身の身体の歪みが
取れて、施術を繰り返すたびに痛みは改善してゆきました。一方、
Bさん(50代男性)も同様に身体の歪みが取れて、良くなってゆくと
思われたのですが、腰の痛みがあまり変わらないというのです。
(その痛みは、四六時中出ている訳ではなく、出たり出なかったりの
繰り返しとのこと。)

 先生がヘボだから、良くならないんだとBさんに勘違いさせては
申し訳ないので(笑)、私は次のようにBさんにお話ししました。

「Bさんの腰痛の根本原因は、身体の歪みではないようです。本当の
原因はストレスかもしれません。Bさん、日常で何か、嫌だなあと
思っていることありませんか?あるいは、何かに怒りを感じている
ことありませんか?」

 Bさんにいろいろお話を伺うと、Bさんは会社で営業の第一線から
管理部門に異動したのですが、新しい環境になじめず、加えて上司の
方が口うるさく感じて、会社に行くのが憂鬱になっていたそうです。
(私も昔はサラリーマンをしていたので、Bさんの気持ちがよーーく
分かります!)

 Bさんにストレスを解消させる効果的で簡単な方法を教えました。
ちなみにそれは、羽賀ヒカルさん(北極流占い継承者)という方の
メルマガに書かれていた方法です。

「トイレット・ペーパーに思いっきり、上司の悪口を書いてください。
 これは奥さんや子供さんに見られないようにしてくださいね。書き
 終わったら、そのペーパーをトイレで流してください。それで終わりです。」

 ストレスの元となっている潜在意識の中に
溜まったマイナスの想念を
文字通り、水に流すことでストレス解消になります。こういう解消法なら、
誰にも迷惑をかけないので、いいですね。

  半信半疑のBさんは、次回の予約をして帰られましたが、予約当日に
キャンセルのお電話がありました。「痛みが消えたから、様子を見たい。」
とのこと。

「良かったですね! また、お困りのことがあったら、お電話くださいね。」

  もし、あなたが痛みでお困りなら、まずは電話相談してください。
 もしかすると、あなたの痛みは施術をしなくても良くなることがあるかも
しれません。

  当院はアドバイスだけなら、無料ですから!(笑) 

 


 

腰痛って薬で治るの?

   例えば、あなたが虫歯で痛みを感じたとします。とりあえず、その痛みを
抑えるために鎮痛剤を飲んで、歯の痛みが治まったとしましょう。

 果たして、それで虫歯は治ったんでしょうか?そんなことありませんよね。
あなたは、すぐに歯医者さんに行って、虫歯の治療をしてもらうでしょう。

 これが、腰の痛みだと違うんですね。薬を飲んで痛みが消えると、治ったと
思い込んでしまう人がほとんどのようです。

 薬をいくら飲んでも、腰痛の原因が無くなった訳ではないんです。だから、
痛みはすぐにぶり返してしまうことに・・・・。
 
 当院では、不調者さんの生活習慣を詳しく聞き取り、そこから、その方の
腰痛の根本原因を推定し、その原因を解消するために自分でできる改善方法を
指導しています。  
  

腰痛の8割以上が原因不明って本当ですか?

 腰痛は今や国民病となっている感がありますね。皆さんの周囲にも
長らく腰痛で困っている方がたくさんいらっしゃると思います。
 厚労省の調査では、腰痛を抱える人は全国で2800万人と推定
されていて、特に、40~60代では4割に及ぶとか。

 お医者さんで画像診断をしてもらい、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など、
病名が付けられるものを除くと、原因不明の腰痛が8割以上だそうです。

 「それって本当ですか?」と整体師の私はツッコミたくなります。

 腰痛の原因は必ず存在し、それを特定できないにしても、推定できなければ、
不調者さんを改善に導くことはできません。

 ここでお医者さんに同情するなら、患者一人一人に十分な時間をかけられ
ないので、腰痛患者の原因追究している余裕がないんですよね。
 誰しも病院で経験あると思いますが、3時間待たされて、5分で終わりなんてね。

 腰痛で来院される不調者の皆さんに私はいつも申し上げています。
 
 「腰痛の原因は、あなたの生活習慣にあるんですよ!」

ストレッチは伸ばせばいいってものじゃない!

  何かスポーツなどをやる前の準備運動として、身体各部のストレッチを
行う時、いわゆる「きも痛い」ってくらい伸ばさないと、何か効いている
感じがしないと思い込んでいる人が多いようです。

 実は、ストレッチで無理に筋肉を伸ばし過ぎると、逆効果になるって
ことご存じでした?

 ストレッチをする時は、筋肉を無理に伸ばすよりも、これ以上伸ばすと
ちょっと痛いなというところの一歩手前で止めた方が、筋肉が緩みやすく
なります。

 何でも過ぎたるは及ばざるが如し。ストレッチも八分目くらいで丁度いい
んですよ!
 

ふくらはぎは「揉む」より「撫でる」!

 2年ほど前になるでしょうか、「長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい」という本が
話題になりました。(今も大手の本屋さんには置かれていますね。)

 ふくらはぎを揉むことと長生きの相関関係については、私は何もコメント
できませんが、前回ご紹介した「足首回し」と同様、ふくらはぎを揉むことは、
血行が促進され、身体に良い影響を与えるのは間違いないことと思います。

 しかしながら、ここで若干、懸念されるのは、「揉む」という行為はやりすぎると
筋肉の細胞を破壊するリスクがあるということです。(中には、そこまでやらないと
気持ち良くないという方もいらっしゃるかもしれませんが。)

 老廃物を流し、血行を良くするという目的ならば、ふくらはぎを「揉む」
のではなく、ふくらはぎを「撫でる」ことでも十分効果があり、こちらの方が
筋肉に優しいという点で、より好ましいと思います。

 ふくらはぎは下から上に向かって、手の力を抜いて、軽く撫で上げましょう!
余計な力はいりません。誰でもできますね!

 

「足首回し」で疲れ知らずに!

     超簡単な疲労回復法をご紹介します。「足首を回す」それだけです!

  皆さんは普段、「足首を回す」ことはしないですよね。運動の準備体操
 をする時にやるくらいですかね。それは筋肉をほぐすのが主目的で、
 それはそれで大事なことですが、「足首回し」にはもう一つ、重要な効果
 があります。それは、老廃物を流すということです。

  私たちが「疲れ」を感じる原因は、単純に言うと、疲労化学物質が筋肉
 の毛細血管中に滞留するからです。ですから、溜まった疲労化学物質を
 流してやれば、疲労感は解消します。

  筋肉はポンプ作用と呼ばれる働きがあり、特に下肢の静脈やリンパ液
 を上半身に押し上げてゆきます。足首を回すことで、ポンプ作用が効果
 的に行われるのです。

  「足首回し」はいつでも、どこでもできますが、特に夜、就寝前、布団
 やベッドに横になった時に、「足首回し」をしましょう。右回り左回り
 各10回で十分です。是非、習慣にしてください!


  


 

気持ち新たにブログ再開!

    当ホームページのブログを久しくお休みしていましたが、気持ちも
新たに、再開します。
 今後は、「身体と心の健康」をメイン・テーマに据えて、皆さんの
お役にたつ情報をお伝えしてゆきたいと思います。

金メダルへの道にドラマあり

   ロンドン・オリンピックで日本選手の活躍が続いていますね。

 女子レスリングで伊調馨選手と小原日登美選手が見事、
金メダルを獲得しました。二人ともよく頑張りましたね!

 伊調選手は、前人未踏のオリンピック3連覇。その強さは群を抜いて
いましたが、実はロンドンに入って、練習で靭帯損傷していたそうです。
 そんなことは感じさせずに圧勝してしまうのですから、スゴイとしか
いいようがありません。

 そして、小原選手は世界選手権で8度も優勝しながら、これまで
オリンピックには縁がありませんでした。オリンピックには彼女の本来の
階級である51kg級がなく、下の48級には妹が代表を目指していて、
上の55kg級には女王・吉田沙保里選手がいたからです。アテネ、
北京五輪とも二度、吉田選手の前に屈して、一度は引退を決意しました。

 しかし、小原選手の夢はそれで終わることはありませんでした。五輪出場を
果たせず引退した妹の真喜子さんに五輪の夢を託され、48キロ級で現役復帰
したのです。新たな階級で10、11年の世界選手権を連覇し、迎えた今回の
ロンドンで念願の金メダルを獲得したのでした。

 どの代表選手も多くの人々に支えられ、自ら辛く苦しい練習を乗り越え、
晴れの舞台に立っているわけですが、小原選手の場合は、今回のロンドン出場を
決めるまで、2度もマットを離れた過去もあり、紆余曲折の10年間を経ての
金メダル獲得だったので、その喜びはひとしおでしょうね。

 小原選手のそんな壮絶なドラマを知り、テレビの前で思わず、もらい泣きを
してしまいました。小原選手、本当におめでとうございます!

 人知れず、地道に努力を継続し、実力を蓄えた。
 どんなに苦境にあっても、夢をあきらめなかった。

 そんな人には、必然的に道が開けるのだと思います。
 誰よりも小原選手がそれを証明してくれました。
 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PAGE TOP