ホーム > スタッフブログ > 健康法 > お仕事の合間に瞑想はいかが?
お仕事の合間に瞑想はいかが?

お仕事の合間に瞑想はいかが?

 「瞑想」という言葉から、何か修行のようなものをイメージする人も
いらっしゃるかと思いますが、決して、そうではなく、瞑想とは脳に
休息を与えることであると考えると、誰にでも必要だと思いませんか?
 私たちは起きている間に、1日5、6万回くらい思考しているそうです。
これでは脳が休む暇がなく、仕事の効率も落ちると言うもの。
 ビジネスマンの方なら、理想的には1時間に3~5分の短い瞑想を行う
だけで、脳が活性化し、仕事の効率が各段にアップし、いろいろなアイデアや
インスピレーションが湧きやすくなるそうです。
 ここで、スピリチュアル・コンサルタントの磯 一明先生に教えていただいた、
とても手軽な瞑想方法をご紹介します。
 イスでも床でも自分の楽な姿勢を座ります。この時、背中を丸めないで、
背筋を伸ばすことがポイント。
 軽く目を閉じて、全身の力を抜き、口から息を吐きます。10~15秒
くらいかけて、小さな音を立てながら、少しずつ息を全部吐き出します。
そして、鼻から息を吸って、また、口からゆっくりと息を吐き出し、これを
繰り返します。
 この時、何も考えないようにします。とは言っても、初心者はいろいろな
雑念が湧いてきてしまいます。それは気にしないで、ただ手放すように
してください。
 終了する時は、すぐに目を開けないで、手の指を軽く動かしたりして、
身体が覚醒する準備をしてから、ゆっくりと目を開けます。
 
 日々、仕事や家事に追われていると、自分の身体からの不調のメッセージ
にも気づきにくくなります。瞑想を行いことで僅かな身体の変化にも敏感になり、
また、免疫力もアップします。
 瞑想を生活の一部に取り入れることで、心身ともにリフレッシュさせること、
お勧めです。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kaifuku-kasukabe.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/156

PAGE TOP