ホーム > スタッフブログ > メッセージ

メッセージ

気持ち新たにブログ再開!

    当ホームページのブログを久しくお休みしていましたが、気持ちも
新たに、再開します。
 今後は、「身体と心の健康」をメイン・テーマに据えて、皆さんの
お役にたつ情報をお伝えしてゆきたいと思います。

「治る」の意味は?

   当院は、いわゆる民間療法になりますので、法律的には、広告などで
「治る」という表現を使用することが禁止されています。



 厳密には、言葉で言うこともいけないのですが、不調者さんの理解と
安心を第一に考え、施術の現場においては、「治る」という言葉を
使わせていただくことがあります。
 


 一般的に不調者さんが、先生から「治りますよ!」と言われたら、
「痛みの症状が完全に無くなる。」、「身体がふつうに動かせる。」と
いった状態に自分はなれる、と考えると思います。


  しかし、現実は、先生によって、「治る」の意味が異なるようです。
・自覚症状が無くなったら、「治った」とする。
・来院前より、症状が改善したら、「治った」とする。
・全身のバランスを整えただけで、「治った」とする。
・その場で一時的に症状が消えれば、「治った」とする。

 など、「治る」という意味には、施術者側の勝手な思惑で大きな幅が
あるようなのです。

 

  当院は不調者さん目線で考えますので、当然ながら、上に述べた
普通に不調者さんが考えるのと同じ意味で、言っております。


 不調者さんはとりあえず、目の前の痛みが取れれば、十分と
考える人が多いのですが、それだけでは、本当の解決にはならない
と考えます。


 痛みを作った真の原因である、身体の誤った使い方、悪い姿勢などの
生活習慣を改めないと痛みが再発してしまう恐れがあります。そうならない
ように、具体的なアドバイスをし、自己療法となるストレッチを指導して、
それが不調者さんの習慣になるまで落とし込めたとき、初めて、「治った」と
言えると当院は考えています。


 痛みが生じているのは、言わば健康銀行に資金の借り入れをしている
ようなものです。痛みが無くなることは、マイナスがゼロになったということ
ですね。これはこれでたいへん結構なことなのですが、どうせだったら、
健康銀行の口座に元気の貯蓄をしませんか? それが、再発させない
習慣を作るということであり、ゼロからプラスにしてゆくという考え方です。


   もちろん、不調者さんの考えを尊重しますので、無理強いはしませんが、
当院の理念を十分理解していただき、末永いお付き合いをさせていただく
ことで、不調者さんとWIN-WINの関係を築けるよう、努力したいと思います。

 

 

からだ回復整体 春日部はWIN-WINを考えます

10年以上前にベストセラーになったビジネス書で

今でも売れ続けている「7つの習慣」という本があります。


私自身も昔、会社員時代に読んで、大きな影響を

受けた本ですが、その中に「WIN-WINを考える」という

くだりがあります。この言葉はいろいろなところでよく使われて

いるので、皆さん、ご存じかもしれませんね。

 

一時的ではなく、長期的に顧客と良い関係を構築するには

WIN-WIN(勝ち-勝ち)の取引きをしなければならないと。

すなわち、相互がプラスになる結果を得るようなビジネスの

取引を行いなさい、ということです。

 

当時、ビジネスの世界ではWIN-LOSE(勝ち-負け)しか

ないと思い込んでいた私は、たいへん衝撃を受けました。

 

もし、WIN-WINの取引きが出来ないのなら、その時は

NO DEAL(取引なし)を選択しなさいと言うのです。


さて、先日、Kさん(30代女性)が情報誌に載せた当院の

広告を見て予約をし、来院されました。


いつも、不調者さんには初回来院時に当院のポリシーと

特徴を説明しています。


当院は一時的な慰安を目的とはしておらず、根本的な

治癒に至るまでサポートさせていただくので、少なくとも

数回の通院は必要となり(症状によっては1回で完治する

ケースもありますが)、しっかり痛みを治したいという意思の

ない方や当方の指示に従っていただけない方にはご遠慮

いただいております。


私の話を聴いてKさんは、自分の考えていたイメージと違った

とのことで躊躇されていましたが、せっかく来たので、1回は

施術を受けてみようと考えられました。しかし、私の方から

お断りをさせていただきました。


施術料をいただけるので、たとえ、Kさんが1回の来院で

終わってもこちらはプラスになりますが、Kさんにとっては、

一時的に良くなってもそれでは根本治療になりません。

1回でやめることは、結局、お金を無駄にすることになり、

Kさんにとっては、LOSE(負け)になってしまうのです。


正直、やせ我慢ではありましたが(笑)、双方がWIN-WINに

ならないので、お断りしたのでした。


ビジネスに限らず、いかなる人間関係においても、

WIN-WINの関係を築くことが、大事なんですね。

その積み重ねが顧客からの信頼となり、また、自分自信の

人間的成長とビジネスの発展に繋がるのだと思います。

 

からだ回復整体 春日部はこれからもWIN-WINを考えた

経営を行います!

 

「無限の可能性」を発揮する

私が30代の頃、能力開発を目的とした

ビジネス・セミナーに参加したことがありました。

 

「皆さんには無限の可能性があるのです。

 それを発揮しましょう!」

 

講師の先生の言葉に発奮したのを覚えていますが、

当時はその言葉の真の意味を理解できていなかった

ように思います。

 

年齢に関わらず、死ぬまで人間には「無限の可能性」が

あるということを。

 

私を含めて、ほとんどの人は自分にどれほどすごい能力が

あるかを知りません。他人の自分への評価を鵜呑みにして、

自分はそんな程度の人間と勘違いしている人が大部分と

言っていいでしょう。

 

「無限の可能性」はあくまでも可能性ですから、目には

見えません。それを目に見える形にするのは、行動

だけです。それも大量行動を。

 

もし、1年後に自分のなりたい自分に必ずなれるとしたら、

今の苦労を耐えられますか?

 

1年後の自分を強烈にイメージすることで、わくわくした気分に

なりますよね。そういう感情で行動することで、眠っていた

遺伝子が働き出すそうです。

 

時には、前進しているのではなく、後退しているような状態や

挫折感を感じることもあるかも知れませんが、それらはすべて

避けて通ることのできない、成功への必要なプロセスだと

思いましょう。

 

必ず目標に到達できるとしたら、その歩みを止めますか?

 

「無限の可能性」を発揮しましょう! 

 

(これは自分へのメッセージでもあるのです<笑>)

「回復枕」の効用

当院では治療用に特製の枕を使用していますが、それについて

よく質問されます。

 

「先生、この枕は売っているんですか?」

「どうしても欲しい方にはお譲りしますが、できれば

 売りたくありません。」

「?」

「この枕を使うと、不調者さんがすぐに良くなって、

 うちに来なくなっちゃうので!」(笑)

 

半分冗談でよく上記のような会話をしますが、「回復枕」として

販売しています。

もちろん最大限に活用していただくために、これを使っての

回復ストレッチも指導しています。

 

健康回復のためには睡眠時間もさることながら、睡眠中の姿勢も

たいへん重要です。「回復枕」によって、寝ているうちに良い姿勢を

自然に造っていただけ、様々な症状の回復が早まるのです。

 

「回復枕」はふつうの枕とは少し使用方法が異なり、首の後ろに

当てます。頭の後ろがちょっと浮いた感じになります。そうすること

により、頭がおもりとなって、背骨全体が牽引されることになるの

です。その結果、

 

①椎間板を広げる。

②背骨に自然な整理湾曲ができる。

③大胸筋が開き、呼吸がしやすくなる。

 

高齢の方には、夜中に何度も目が覚めてしまうという方も

多いですが、回復枕を使用すると朝までぐっすり眠れる

ようになります。

 

花粉症の方にも有効で、回復枕を数か月使用したところ、

花粉の時期に症状が大いに緩和したという症例も多数

出ています。これは姿勢が良くなって、免疫力が高まり、

アレルギー症状が緩和されるためです。

 

回復枕はたとえ数分の短い時間でも毎日続ければ、

効果が出てきます。とってもお得な回復法なんですよ!

心の絆を結ぶ

毎年、年末にその一年を表す漢字一語が発表あれますが、

昨年は「絆」でした。大震災にみまわれ、家族や地域の

絆を見直す年となったからだと思います。

 

愛する家族がいることは幸せなことです。もちろん家族が

いない人もいます。しかし、誰でも望めば、どんな状況で

あろうと友だちや仲間をつくることはできます。人は皆、

心の絆が必要なのです。

 

愛情で結ばれた関係は健康にとても良い影響を及ぼします。

病気になってもけがをしても、支えてくれる家族や友人が

いれば、回復がはるかに早くなります。メンタル面の

効果は図り知れません。

 

それは痛みでも同じです。からだが痛い方はどうしても

「痛い、痛い」と口にしがちなので、それに家族が慣れてしまい、

つらい痛みを分かってもらえないことがよくあります。

 

施術を行い、痛みを改善することは整体師として当然ですが、

不調者さんの気持ちに寄り添い、少しでもメンタル面もケアさせて

いただき、不調者さんとの絆を作っていきたいと思います。

 

もちろん、大切な伴侶との絆も忘れてはおりませんよ(笑)!

 

 

 

 

パパママ応援ショップ協賛店になりました

埼玉県では、子育て中のご家族を応援する

パパママ応援ショップという制度があります。

当院も協賛させていただくことにいたしました。

 

小学生以下のお子さんの施術料を通常5,000円のところを

3,000円とさせていただきます。

 

最近、特に成長痛(オスグット病)で膝の痛みを訴える子供さんが

増えております。当院はこれらの症状の改善もできますので、

どうごご相談ください。

正座ができない方のための改善法

当院に膝の不調で見えられる方で、正座ができない、

あるいは正座をすると痛くなる方がいらっしゃいます。

そういう方には正座ができるようになることを目標の

一つにしていただいています。

 

例えば、10年以上正座をしていないような方は、膝を

折り曲げる体の環境に慣れていないため、新しい環境

(正座姿勢)を体が受け入れるようになるまで少なくとも

2,3か月はかかります。

 

そういう方には、少しでも早く正座ができるようになるために、

お風呂(湯船)の中での正座練習をお薦めしています。

風呂の中では浮力が働いて、膝への負荷が軽くなるのと、

筋肉が暖められて、伸びやすくなる利点があります。

 

ポイントは無理をせず、痛みの出るところまで膝を曲げない

ことです。痛い思いをしては長続きしません。気持ちよく

曲がるところまででいいのです。毎日続ければ、膝の折れ

曲がる可動域が少しずつ広がってゆきます。

 

加えて、膝を曲げた時に膝の後ろの筋肉が少し横にずれる

ために痛みが出ているケースがあります。タオルを膝の後ろに

挟んで、横に少し引きながら、膝を曲げると曲がりやすくなる

ことがありますので、試してみるとよいでしょう。

 

高齢になると正座は体によくないという声も聞きますが、

無理のない程度に正座はした方がいいのです。腰骨(仙骨)が

立ち、深い呼吸ができるようになります。脛、足首周辺の筋肉が

伸ばされ、よいストレッチになり、関節の柔軟性も向上します。

 

正座ができないとあきらめるのではなく、自分のできることを

できる範囲で楽しみながら、続けていると、ふと気が付いたときに

目標を達成していますよ!

からだ回復整体の院長は腕ききの刑事(デカ)?

昔、テレビドラマの刑事コロンボをよく見ていました。

(残念ながら、主演したピーター・フォークは今年 

 亡くなりましたね。)

 

コロンボは現場に残った証拠を丹念に調べ、少しでも

つじつまが合わず、納得できないことがあると、それを

徹底的に追及して、犯人を追いつめてゆきます。

 

からだ回復整体でも不調者さんから事細かに状況を

お聴きして、痛みを発生させた犯人(原因)を推理して

ゆくことろは、まさに刑事コロンボと同じです!(笑)

 

膝の痛みで来院されているHさん(65歳女性、主婦)の

ケースです。

Hさん「先生、膝は良くなってきたんだけど、今度は

    背中が痛くなっちゃった。歳を取るとあっちこっち

    痛くなってしょうがないね。」 

私  「何か、特別なことをしていませんか?」

Hさん「いえ、特に疲れることはしていませんけど。」

 

Hさんに仰向けになってもらい、膝を曲げて両足を挙げると、

途中のある角度のときだけ、背中が痛くなりました。

この痛みの原因はその角度に腰を曲げた姿勢を長く続けて

いたために、筋肉が疲労したためと推測しました。

 

私  「日常で少し前かがみの姿勢になることありますか?」

 

Hさん「思いあたらないけど・・・。」

私  「何か、趣味とかやられますか?」

Hさん「趣味って言っても特にないんだけど、気晴らしで

    たまにパチンコに行きますよ。このまえも行ったんだけど、

    負けちゃったわ、アハハハハ。」

私  「あっ、それだ!」


痛みには必ず原因があります。不調者さん本人も気づいて

いない痛みの原因を何気ない会話の中から、探し出して

ゆきます。
    

Hさんは頑張り屋の女性です。おそらく遊びのパチンコでも

お仕事と同じように頑張り過ぎたのではないかと思います。(笑)

もちろん、Hさんの楽しみを奪うことはしません。

Hさんにはパチンコの途中でも簡単に背中をシャンとできる

ストレッチをアドバイスしました。


 

回復整体はなぜ体に優しいのか?

今日はからだ回復整体が行うリセット療法の

特徴について、お話します。

 

リセット療法においては、体に強い刺激を

加えることを致しません。体に優しいソフトな

刺激を与えることで、体の歪みが自然に

矯正されてゆきます。

 

例えば、知らない人が自宅を訪ねてきたら、

皆さんはどのような反応を取るでしょう?

 

まずは警戒しますよね。インターホンで

確認したら、悪い人ではなさそうだし、

とりあえず、玄関のドアを開けて、様子を

見ます。この人は大丈夫と安心すれば、

中に入れるでしょう。

 

皆さんの脳も同じように外からの刺激に

対して反応するのです。

 

この刺激は敵ではない。安全であると

脳が判断すると、それを受け入れて、

体が緩み始めるのです。ですから、

回復整体では体の環境を壊さないように

優しい力で施術を行って、脳が危険と

感じるようなことはまったくしません。

 

初めて施術を受けられる方は、ゆらゆら

揺らしたりするだけで、本当に効いている

のだろうかと半信半疑になりますが、

むしろ弱い刺激ほど脳が体の緊張を解いて

ゆくのです。そして、不調者さんご自身で

ひとりでに治ってゆくのです。

 

 

 

 

1  2

PAGE TOP